腫瘍微小環境とNK-κB

TME:tumor microenvironment NF-κB

現在の癌治療は標準療法が最善で有効といわれています。しかしながら患者さんを実際治療してみると奏効率は悪く最善という実感は、全く感じません。

何故かというとそこには大切なことが、抜け落ちているからです。癌の増殖、浸潤、転移などに大きく関わる腫瘍微小環境のコントロールが抜け落ちているからです。細胞毒性抗癌剤のみに目が向けられ、癌細胞を死滅させようという方向に目が向きすぎているからです。癌が成長する環境にも目を向けて、癌が育ちにくい環境を作ることを忘れていたからです。

癌を赤ん坊や胎児に例えるのは失礼かもしれませんが、わかりやすい例として引用させていただきます。健全で健やかな赤ちゃんが生まれるためには、健全な母体特に健全に機能する子宮が大切です。健全で元気な赤ん坊はそんな環境で育ちます。

典型的な例が胃潰瘍でピロリ菌を除菌する場合です。強力な制酸剤で胃内をアルカリ性にしてそこに抗生物質を投与します。それぞれ単剤では除菌できませんでしたが、両者を併用することで胃潰瘍を完治させることができるようになりました。

 

癌の生育も同じです。癌増殖に良い環境があれば癌自体は増殖能力が旺盛ですので、癌は急速に増殖・転移して癌患者さんの体を蝕みます。このように癌が存在する環境は腫瘍微小環境TMEtumor microenvironment)と呼ばれています。

癌化学療法はこのTMEを考慮に入れた治療をすれば現在日本で行われている標準療法より格段に有効な結果を得られます。実例を例に挙げながら、解説したいと思います。

 

 

抗癌剤とは

標準治療とは

腫瘍微小環境とは

腫瘍微小環境をコントロールするには

腫瘍微小環境

コントロール分子

VEGF

TNF-α

FGF

 

NF-kappaB

COX-2

EGF

TGF-β

PDGF

具体的薬剤は  

腫瘍微小環境と治療

分子標的薬 

分子標的薬の選び方 

バルプロ酸

腫瘍微小環境と癌治療

膵癌 動画 文献1 文献2

大腸癌 文献

肺癌 文献

胆嚢癌 文献

悪性中皮腫 文献

 

 

 

 

転移性脳腫瘍 動画 文献

腹水  動画 文献

 

実際の症例を英文で書いてみました。

英文

日本語訳

がんセンターからの回答1.2.3.4

私の反論

動画:キャスターという仕事

治験禁止、がん患者はサッサと●ね!厚生労働省

有名人の癌治療

ネットから得られた情報をもとに想像を豊かにして、仮想治療を記載してみたいと思います

渡瀬恒彦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開された、間違ったまたは疑問に思う癌情報

テレビや新聞・インターネット上には多数の癌情報が氾濫しています。間違った情報発信が何万人の末期癌の患者さんを絶望の淵から背中を押し、悲惨な境遇に押しやるかということをよく自覚してほしいと思う一心からこのコーナーを設けました。癌治療は理想論では解決できません。自然科学には妥協はありません。現実を確実に冷静な目で分析して対処することが重要です。

ここでは漢方、細胞免疫療法は科学的根拠が全く不十分なので触れません。

記事または番組

解説

CARTとは?

CARTとは、Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy: 腹水濾過濃縮再静注法の略で、肝硬変やがんなどによって貯まった腹水(又は胸水)を濾過濃縮(ろかのうしゅく)して、アルブミンなどの有用なタンパク成分を回収する治療法です。本当に有効か?

治験悪性中皮腫

この治験に参加するのは、辞めよう。余りにも人権を無視した治験と思います